ペット保険ってどんな保険?

ペット保険とは、ペットが動物病院で病気やケガの治療を受けたときにかかった費用に対して保険金を受け取れる保険です。ペットには人間のような公的医療保険がないので治療費は全額飼い主負担となってしまいます。入院や手術が必要になると治療費として数十万円もかかることもあります。ペット保険に加入していればその費用の一部について保険金で補うことが可能です。

多くのペット保険では、保険の対象となる治療でかかった費用に対して50%や70%などの補償割合をかけた金額が保険金として支払われます。ただし、通院1日あたりの限度額や手術1回あたりの限度額などの定めもあるので注意してください。

免責金額の設定がある場合にはその分の金額が損害の額(ペットの治療費)から差し引かれ、自己負担額が上昇します。

ペット保険がないと…全額自己負担
ペット保険があれば…自己負担を軽減
最短
3秒 ペット保険を比較する

ペット保険加入のメリット

1.ペットの治療費の負担が軽くなる

ペット保険に入ることでペットの治療費の負担を軽くすることができます。ペットには人間のような公的医療保険はないので治療費は全額飼い主の負担となります。また、治療内容によっては数十万円もの費用が掛かるケースもあります。ペット保険に入っていれば治療費として急に高額な負担が発生したとしてもそのうちのいくらかは保険金でカバーすることができます。

治療を受ける犬
犬の治療費はどれくらいかかる?高額負担に備えるには?

ずっと健康ならばうれしいことですが、犬を飼っていると病気になったりケガをしたりして治療が必要となることがあります。そうした場合、どれくらいの治療費がかかるのでし ...

続きを見る

治療を受ける猫
猫の治療費はどれくらいかかる?高額負担に備えるには?

ずっと健康ならばうれしいことですが、猫を飼っていると病気になったりケガをしたりして治療が必要となることがあります。そうした場合、どれくらいの治療費がかかるのでし ...

続きを見る

2.早期発見・早期治療につながる

ペット保険に入っていれば治療費に関する不安が軽減されるので、ペットを病院に連れていきやすくなります。これはペットの病気の早期発見・早期治療にもつながるので、ペットの健康を守ることができ、また、病気になった場合の最終的な医療費負担を抑えることができます。

3.特約で賠償やセレモニー費用にも備えられる

ペット保険の特約には、ペットが他人にケガをさせてしまったり他人の物を壊してしまったりして損害賠償責任を負った場合に補償を受けられるものや火葬代や葬儀費用について補償を受けられるものもあります。犬による噛みつき事故は毎年4,000件以上起きています(出典:環境省「犬による咬傷事故状況(全国計:昭和49年度~平成30年度)」)。噛みつき事故による賠償額はケガの程度により様々ですが、数百万円などの賠償が命じられることもあります。万が一を考えると何らかの補償があった方がよいでしょう。

※他人への賠償は自動車保険や火災保険などの特約で加入できる個人賠償責任保険でもカバーできます。

最短
3秒 ペット保険を比較する

おすすめ記事

マスクをした犬 1

家族の一員でもある大切なペットですが、ペットも病気やケガで治療が必要な場合もあります。しかしそうした場合、ペットには人間のような公的医療保険がないので3割負担で ...

怒る女性 2

ペットを飼う人が増えていることから日本でもペット保険に入る人が増えています。しかし、ペット保険がどのようなものなのか知れ渡っていないことなどから保険会社との間で ...

犬とコイン 3

犬を飼うのには購入時だけでなく食費や予防接種のための費用、病気やケガとなった時の治療費など様々な費用がかかります。犬を飼うのにどれくらいの費用がかかるのか、初期 ...

猫と請求書 4

猫を飼うのには購入時だけでなく食費や予防接種のための費用、病気やケガとなった時の治療費など様々な費用がかかります。猫を飼うのにどれくらいの費用がかかるのか、初期 ...

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved